コンテンツへスキップ

通話もできる?データSIMの基本と選び方を解説

データ専用SIMで通話もできるって知ってますか?

今回の記事では、データSIMの基本から選び方まで総まとめ!
なぜデータSIMを選ぶべきなのか、そのメリット・デメリットを解説。
データSIMで音声通話やSMSを利用する方法や、音声通話対応SIMとの違いも把握できます。

ベストなプランを見つけるための自分に合ったデータ容量の見極め方や通信速度・エリアの確認。
さらに、料金やオプション、キャンペーンも比較しましょう。

購入前にチェックすべき、利用上の注意点もお伝えします。
変更・解約手続きの手順や設定方法、海外での使用やデータ容量の追加方法まで網羅!

ぜひ、この記事を参考に自分にピッタリのデータSIMを選んでみてください。

データSIMの基本を知ろう

データSIMカードは、インターネット通信をするのに必要なデータ通信専用のSIMカードです。
通話やSMSができない分、月額料金を抑えてお得に利用することができます。
データSIMカードの容量は、GB単位で表されることが一般的で、契約する際には自分の利用状況に合ったプランを選択することが大切です。

データ通信を利用する場合、通信速度が重要なポイントの一つとなります。
契約する通信会社によってエリアや時間帯の回線速度が異なるため、詳細情報を確認しておきましょう。
また、データSIMは大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)や格安スマホMVNOなど、多くの会社が提供しているため比較して検討することも重要です。

最後に、機種によってはデータSIMが利用できないこともあるため、対応している端末や設定方法を事前に確認しておく必要があります。

データSIMとは?選ぶメリット&デメリット

データSIMは、データ通信専用のSIMカードで、以下のメリットがあります。

  • 月額料金が安い
  • 自分の利用状況に合ったプランが選べる
  • 大手キャリアや格安スマホMVNOから幅広く選択が可能

しかし、デメリットも存在します。

  • 通話・SMSができない
  • 対応端末が限られることがある
  • エリアや回線状況によって通信速度が遅くなることがある

データSIMの選び方には、月額料金やデータ容量、通信速度、エリア、対応端末などを検討して、自分に最適なプランや会社を選ぶことが重要です。
データSIMカードは、通話やSMSが不要な方や、主にデータ通信を利用してインターネットを楽しみたい方におすすめです。

音声通話対応SIMとの違いを把握しよう

音声通話対応SIMとデータ通信専用SIMの違いは、電話回線を使った音声通話機能の有無です。
音声通話対応SIMは、通話やSMSが利用できますが、データ通信専用SIMはインターネットの利用に特化しています。

音声通話対応SIMは、通話とSMSを利用できるため、ビジネスやプライベートで電話が必要な場合に適しています。
また、音声通話に対応したSIMは、通話料金がかかりますが、かけ放題などの通話オプションを選ぶことで料金を抑えることが可能です。

一方、データ通信専用SIMは、通話やSMSが基本的にできないため、スマホやタブレットでインターネットを利用することが主な目的です。
通話やSMSが必要ない場合は、データ通信専用SIMがおすすめで、月額料金もお得です。

また、音声通話対応SIMとデータ通信専用SIMは、対応端末も異なることがあります。
端末購入前に、SIMカードの種類や対応端末を確認し、自分の持っているデバイスに合ったSIMを選ぶことが大切です。
この選択によって、料金やサービス内容が変わりますので、注意して選んでください。

データSIMで通話やSMSを利用するには?

基本的にデータ専用SIMでは、電話回線を利用した通話やSMSを利用することはできません。
ただし、IP電話アプリや通話機能のあるアプリを利用することで通話が可能になります。
またSMSに関しても「データ通信+SMS SIM」のプランを選択することで利用できるようになります。

注意点として、データSIMのみのプランと比べて月額料金が高くなることやLINE等のアプリでは新規登録するときに電話番号が必要(SMS認証がある)な点があります。
また、LINEやSkypeなどのアプリの無料通話を利用するには、相手側も同じアプリを導入している必要があります。
「データ通信+SMS SIM」を利用したい場合、サービスを提供していない会社もあるため、料金プランの選択肢は少なくなります。

おすすめプランを見つけるためのポイント

おすすめプランを見つけるためには、以下のポイントに注目しましょう。

  • 予算に合わせて最適な料金プランを選ぶ
  • 適切な容量のプランを選択する
  • 追加サービスやオプションの種類や有無を確認する
  • 自分が利用するエリアでの通信の安定性
  • エリアや時間帯に応じた回線速度や制限

これらのポイントを踏まえつつ、自分のニーズに合ったプランを選ぶことで、おすすめのプランが見つかります。

自分に合ったデータ容量の見極め方

自分に合ったデータ容量を見極めるには、以下の方法があります。

【過去の利用データを確認】
スマホの設定で過去のデータ利用量を確認し、自分が毎月どれくらいのデータを使っているかを把握しましょう。

【インターネット利用の目的を明確にする】
動画視聴やゲームなど、データを大量に消費する用途が多い場合は、大容量プランが必要です。逆に、メールやSNS程度の利用なら、小容量プランでも十分です。

【余裕を持って選ぶ】
予期せぬデータ通信量の増加に備え、自分の想定利用量よりもやや余裕を持ったプランを選ぶことがおすすめです。

【通信制限に注意】
データ容量を超えると、通信速度が低下する場合が多いため、通信制限に注意しましょう。

これらの方法を参考に、自分に合ったデータ容量を見極めて、快適なモバイル生活を送りましょう。

通信速度・エリアを確認して快適な使い心地を

通信速度とエリアは、スマホの使い心地に大きく影響します。
通信速度が速ければ、インターネットの検索やアプリの使用がスムーズに行えます。
エリアが広ければ、より多くの場所で通信が可能となります。

まずは、自分が利用する地域の通信エリアと速度を確認しましょう。
ドコモ、au、ソフトバンクなど各キャリアのサイトや、格安SIMの公式サイトなどで情報が提供されています。
また、キャリアの公式サイトではエリアマップも掲載されているので、自分の住む地域における電波状況もチェックできます。

通信速度は、LTEや5Gなどの回線の種類によっても変わります。
現在主流となっているのは4G・LTEですが、5Gに対応したプランも徐々に普及しています。
将来的な使い心地を考慮するなら、5G対応のプランも検討してみてください。

また、海外での利用を考えている場合には、ローミングサービスやプラチナバンドの対応状況も確認しましょう。
海外での通信速度やエリアにも影響しますので、ストレスフリーで快適な通信を行うためにも事前チェックが重要です。

料金プラン・オプション・キャンペーンを比較しよう

データSIMの料金プランやオプションの選択、キャンペーンの利用はスマホ利用の費用や便益を大きく左右します。
月額料金は、データ通信量に応じたプランの選択や追加したオプションサービスによって変わります。
自分の通信利用状況に最適なプランを選択することで、スマホ利用の便益が大きく左右します。

料金プランを比較するポイントとしては、以下が挙げられます。

  • データ通信量
  • オプションの種類
  • ファミリー割など複数台契約による割引
  • データ通信量の追加購入の有無と料金
  • データシェアの有無

これらを考慮して、自分に適したプランを見つけましょう。

また、キャリアや格安SIM会社が実施しているキャンペーンを利用することで、料金の割引やデータ容量の増加などお得に契約することが可能です。
キャンペーン情報は公式サイトやSNSでチェックできますので、申込みする前に確認してみましょう。

購入前にチェック!利用上の注意点

スマホを購入する前に、以下の注意点をチェックしておくことが望ましいです。

  • MNP(番号ポータビリティ)の手続き方法と費用
  • 端末のロック解除や設定変更の方法
  • SIMカードのサイズと端末の対応
  • 初期費用や手数料
  • 店舗やサポートが充実しているか

これらの注意点を押さえておくことで、データSIMの利用を円滑に開始することができます。
最後に、契約内容や料金プランを慎重に確認し、快適なスマホライフを送りましょう。

対応端末・設定方法を確認しよう

プランを決めて申込みをする前に、まずは対応端末をチェックしましょう。
SIMを提供する会社は、対応端末一覧を公開しているので、自分のスマホが使えるかどうかを確認しよう。
基本的には、iPhoneやAndroidスマホ、タブレットが対応しているのが一般的ですが、機種や会社によっては非対応の場合もあるので要注意です。

次に、設定方法を把握しましょう。
申込みしてSIMカードが届いたら、端末に挿入し、設定を行います。
設定方法は、各サービスの公式のサポートページで詳しく解説されています。

設定が終わったら、通信速度や通話品質をチェックして、問題がないか確認します。

スムーズなスマホ生活が送れるよう、対応端末・設定方法をしっかりと把握しておくことをおすすめします。

契約プラン変更・解約手続きの手順と費用

契約プランの変更や解約を検討しているなら、手続きの手順と費用をチェックしよう。

まず、変更手続きについて。
料金プランやオプションを変更する場合、契約中のサービスの会員ページやアプリで手続き可能な場合が多いです。
手続きを開始する前に、変更後の料金やサービス内容を確認しましょう。

そして、解約手続き。
解約する場合は、利用規約に注意しましょう。
最低利用期間より早く解約する場合は違約金が発生したり、月額料金はその月の料金が丸ごと発生する場合が多いです。
また、一部の会社では、解約手数料が無料ではない場合もあるので要注意です。

総じて、変更・解約手続きに関する詳細は、契約内容やサポートページに記載されているので、無用なトラブルを避けるためにきちんと確認してから手続きを進めよう。

海外での使用やデータ容量の追加方法

海外でスマホを利用したい場合、事前に確認しておくべきポイントがあります。

まず、渡航する海外での通信対応状況をチェック。
対応している場合、通信プランやエリア、料金を確認しよう。
海外専用プランが用意されていることもあります。

次に、データ容量が足りなくなったら、追加方法を把握しておくことが大切です。
多くの会社は、データ容量追加オプションを提供しており、サイトやアプリから簡単に申し込みができるので、海外滞在中も安心です。

最後に、端末の設定を確認。
海外での通信設定やローミングの設定について、事前に調べておきましょう。
その他、現地でのインターネット速度や通信料金にも注意が必要です。

海外での使用やデータ容量の追加方法を把握して、ストレスフリーなスマホライフを楽しもう。

まとめ:自分にピッタリのデータSIMを選ぼう

最後に、自分にピッタリのデータSIMを選ぶポイントを振り返りましょう。
まずは月額料金とデータ容量を比較し、利用状況に合ったプランを見つけましょう。
さらに通話やSMS機能が必要な場合の利用方法、対応端末、通信速度やエリアも確認しておくことが大切です。

情報収集を怠らず、自分のニーズに合ったプランを選んでください。
そして、今すぐ公式サイトやページで手続きを始めて、快適なモバイルインターネットライフを楽しみましょう!

アイサポモバイル – 業界最安値級(データSIM【1GB】380円(税込)から)

Search