コンテンツへスキップ

データSIMと音声通話SIM徹底比較!
あなたに最適な選び方

データSIMと音声通話SIM、どちらがあなたに最適なのか迷っていますか?
この記事では、そんなあなたに応えるために、SIMカードの種類や違い、それぞれのメリット・デメリットを比較しています。

また、自分に最適なSIMを選ぶポイントや、データSIMで電話をかける方法、音声通話SIM利用時の豆知識などについても解説します。
さらに、通信速度や月額料金、対応端末、エリア範囲、オプションなど、データSIMと音声通話SIMのどこを重視するべきかについても解説。

これらの情報をもとに、最適なSIM選びの参考にしてください。

SIMカードの役割と種類を理解する

スマホやタブレットなどの端末で通信サービスを利用する際、データSIMと音声通話SIMを選択する必要があります。
その際、データSIMと音声通話SIMの違いを理解することで、自分に適したプランやサービスを選ぶことができます。

格安SIMを利用する際には、データSIMのみのプランや音声通話付きのプランの両方から選択できます。
自分がどの程度の通話やデータ通信を利用するか考慮して、適切なプランを選ぶことが大切です。

また、最近ではeSIMと呼ばれるデジタル版SIMカードも登場しており、対応端末で利用することが可能です。

データSIMと音声通話SIMの違いを解説

SIMカードは、スマホやタブレットなどの端末に装着することで、通信回線にアクセス可能となります。
これにより、インターネットや音声通話などのサービスを利用できます。

SIMカードには、主に2つの種類があります。
1つ目は、データ通信専用のデータSIMです。
データSIMは、インターネットやアプリを使うために必要な通信データを提供するもので、音声通話やSMS機能は通常ありません。
コストを抑えることができるため、主にデータ通信を重視する人におすすめです。

2つ目は、音声通話対応の音声通話SIMです。
音声通話SIMは、電話番号が付与され、通話やSMSが利用可能です。
データ通信もできますが、プランによっては通信速度や容量が制限されることがあります。
電話番号を必要とする人や、SMSを利用している人に適しています。
別途で通話料金がかかる場合が多いですが、定額制でかけ放題となるオプションなどが用意されている場合が多いです。

MVNO(仮想移動体通信事業者)各社の格安SIMのサービスでは、データSIMと音声通話SIMの両方を提供しています。
これらの特徴を理解し、自分に適したSIMカードとプランを選ぶことが重要です。

大手キャリアと格安SIM(MVMO)のメリット・デメリットを比較

格安スマホの必要性が増す中、各社のサービスをしっかりと検討して自分に最適なSIMカードを選ぶことが重要です。
ここでは、大手キャリアと格安SIMのメリット・デメリットを比較しています。

まずは、大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のSIMカードです。
メリットとしては、高速な通信速度や豊富なサポート、データ容量が大きいプランがある点が挙げられます。
デメリットは月額料金が高いことや料金プランの選択肢が比較的少ない点です。

次に、格安SIMについてです。
通常のキャリアよりも月額料金が安く抑えられ、多くの通信会社やプランから選んで契約することが可能です。
ただし、デメリットとして、時間帯などにより通信速度が遅延する、店舗が少なく自力解決が基本となる、クレジットカード決済が主流、などあり自分に合ったものを見極める必要があります。

eSIMについて

最後に、eSIMについてです。
eSIMは、物理的なSIMカードが不要で、デバイス内に組み込まれたチップを利用する形式です。
eSIMのメリットとしては、スマホやタブレット1台で複数回線の契約ができることや、SIMの差し替えが不要、契約がオンラインで簡潔する点などです。
デメリットとしては、対応する通信会社や端末が限定的であり、現時点で利用できるプランが少ないことが挙げられます。

特に物理SIMの送付がない分、契約してから素早く通話やデータ通信を利用することができる点は大きなメリットです。

自分に最適なSIMを選ぶポイント

自分に最適なSIMカードを選ぶポイントは、以下の通りです。

  • 月額料金: 予算に合わせて月額料金を比較しましょう
  • 通信速度: 快適な通信速度が得られるかどうかが重要です
  • データ容量: 自分の利用状況に合ったデータ容量があるか確認しましょう
  • サポート対応: サポート体制が充実しているかどうかもチェックです
  • 端末対応: 自分が使っている端末(iPhoneやAndroidなど)が対応しているSIMか確認しておきましょう

これらのポイントを押さえ、自分に適したSIMを見つけましょう。

通信速度や月額料金をチェック

通信速度や月額料金は、SIMカードを選ぶ上で重要な要素です。
通信速度が遅いと、インターネットや動画視聴の際にいちいちストレスを感じてしまいます。
また、不要なデータ通信量やオプションを付けていると、月額料金が割高になっていまいます。

通信速度に関しては、最大通信速度が提示されている場合が多いですが、実際の速度は、使用エリアや時間帯によって変動します。
口コミや評判を調べることで、実際の通信速度の目安となります。

月額料金に関しては、各サービスのホームページで詳細を確認できます。
しかし、オプションやキャンペーンを含めた料金を計算することで、実際の支払額を把握することが重要です。

通信速度や月額料金をチェックして、自分に合ったSIMカードを見つけましょう。

対応端末やエリア範囲を確認

格安SIMを利用する上で大切なことは、対応端末やエリア範囲を確認することです。
端末が対応していなければサービス自体が利用できませんし、エリア範囲外だと通信ができないこともあるためです。

まず、自分の端末が対応しているか、公式サイトや店舗で情報を調べましょう。
iPhoneや比較的新しい機種は、ほとんどのプランに対応していることが多いですが、一部の機種やメーカーは対応していない場合もあります。

次に、エリア範囲を確認します。
通話やデータ通信ができる範囲は、契約する通信プランによって異なります。
格安SIMはau、ドコモ、ソフトバンクなど、大手キャリアが提供するエリアマップを利用するため、公式サイトなどで自分が普段利用する場所がカバーされているかチェックしましょう。

最後に、通信速度や品質も重要です。
サービス内容や月額料金だけでなく、遅延の少ない快適な通信ができるかどうか、口コミやレヴューを調べることをおすすめします。

付加サービスやオプションも検討

携帯電話やスマホのプラン選びでは、料金や通信速度だけでなく、付加サービスやオプションも検討しましょう。
これらには、さまざまなメリットがあります。

たとえば、データ通信量がオーバーした場合に追加で容量を購入できたり、一定速度以下で無制限に使える場合などがあります。
通話SIMの場合、10分かけ放題や無制限かけ放題などお得に通話できるオプションがあります。
また、動画視聴や音楽配信サービスにデータ容量を消費しないオプションなどもあります。

その他に、通話やデータ通信以外のサービスが付いてくることもあります。
例えば、Wi-Fiスポットの利用や電話サポート、家族割引、キャンペーン特典などです。

ただし、オプションや付加サービスによっては、追加料金が発生することもあります。
自分が必要な機能やサービスを絞り込み、他社と比較しながら、総合的な評価を行い、ベストなプランを選びましょう。

データSIMで通話する方法

データSIMで電話をかける方法は、通話アプリを利用することです。
このようなアプリは、インターネットを介して音声通信を行うため、通常の電話回線が使えないデータSIMでも通話が可能です。

LINEやSkypeなど多くの通話アプリが存在しますが、通話相手との利用状況や通話品質を比較検討して、自分に適したアプリを選びましょう。

通話アプリを利用してコスト削減

通話アプリを利用することで、電話料金を抑えることができます。
通話アプリはネット回線を使った通信手段であり、データSIMを契約することで音声通話にかかる料金を節約できるためです。
具体例として、LINEやSkypeなどのアプリが挙げられます。

また、通話アプリを使うメリットは料金の節約だけではありません。
例えば、海外の友人や家族とも無料で通話が可能ですし、ビデオ通話機能を使って顔を見ながら話すこともできます。

ただし、通話アプリを利用する際には、以下の点に注意が必要です。

  • インターネット回線が必要であること
  • スマホのデータ通信容量に気を付けること
  • 通話品質が回線速度に左右されること
  • 通話をかける側と受ける側の両方に同じアプリをインストールしていること

以上の点を考慮して、通話アプリを上手く使いこなしてコスト削減を図りましょう。

音声通話SIMを利用する際の豆知識

音声通話SIMを利用する際には、以下の点を押さえておくとスムーズに使いこなすことができます。
まず、格安スマホの場合、通話料金が別途発生することがありますので、その点を確認しておきましょう。
次に、通話だけでなくSMSやデータ通信も利用したい場合は、それらが含まれたプランを選ぶことが重要です。

また、自分の利用状況やニーズに合った音声通話SIMを選ぶことが大切です。
例えば、海外出張が多い方は、国際通話が可能なプランを選ぶようにしましょう。
最後に、音声通話SIMを利用する際は、自分の端末がSIMフリースマホであることや、対応しているSIMカードの種類に注意して選ぶことが大切です。

これらの知識を押さえておけば、音声通話SIMを利用した通話を賢く利用することができます。

番号ポータビリティ(MNP)を利用しよう

番号ポータビリティ(MNP)とは、携帯電話のキャリアを変更しても、電話番号を引き継いで利用できる制度のことです。
MNPを活用することで、現在のキャリアに不満がある場合や、格安スマホへの乗り換えを検討している場合にも、安心して移行できます。

また、メリットとして電話番号を登録している各種サービスを変更手続きなしで引き続き利用することができます。
さらに、友人や家族に新しい電話番号を伝える手間が省くことができ、ビジネス用途で携帯電話を使っている場合、電話番号の変更によるトラブルがなくなります。

しかし、MNPを利用する際にも注意点があります。
MNPを利用するには事前の手続きが必要であり、新たな通信会社に申込みする前に準備しておく必要があります。

番号ポータビリティ(MNP)を利用すれば、電話番号を維持したまま、新しいキャリアへの移行がスムーズに行えます。
是非、MNPを活用して、自分に合ったキャリアやプランを見つけましょう。

格安SIMのキャンペーン情報もチェック

格安SIMは、機能や料金が魅力的であるため、多くの人が利用しています。
さらに、格安SIMのキャンペーン情報も注目すべきです。
キャンペーン情報をチェックすることで、新規契約時の特典やディスカウントを得られることがあります。

まず、キャンペーン情報はオフィシャルサイトやSNS、格安SIMに関する情報サイトなどで確認できます。
また、限定キャンペーンや期間限定の割引情報も見逃さないよう、定期的にチェックしましょう。

定期的に情報収集を行い、さらにお得に格安SIMを利用しましょう。

まとめ:データSIMと音声通話SIMの使い分け

データSIMと音声通話SIMの使い分けが重要です。
データSIMはインターネット接続が主な用途で、音声通話はできませんが、料金が安く抑えられるメリットがあります。
一方、音声通話SIMは通話も可能で、スマホの基本的な機能をすべて利用できますが、料金がやや高めです。

データSIMは、音声通話が不要で、インターネットやSNS、メールなどのデータ通信がメインの方におすすめです。
また、データSIMはタブレットやポケットWi-Fiにも利用できます。
音声通話SIMは、通話も頻繁に利用する方や、仕事で電話が必要な方に向いています。

どちらのSIMを選ぶかは、自分の通信ニーズによって決まります。
MNPの利用やキャンペーン情報もチェックして、自分に最適なSIMを選びましょう。
あなたのスマホライフがより快適になることを願います!

アイサポモバイル – 業界最安値級(データSIM【1GB】380円(税込)から)

Search